PCワークマン・ロゴ
Top Page >> 拡張ボード増設・交換
パソコン修理の見積は無料です。
拡張ボードの増設・交換
拡張カードの接続バススロットの規格にはPCI-Express・AGP・PCI・ISAなどがありますが現在のPCではCPUやメモリの処理速度が非常に高速になった為、データ転送速度の遅いISAバス規格は全く見かけなくなり、AGP/PCIバスも無くなりつつあります。

PCI Expressインターフェイスはインテル社が提唱したバス規格を元に標準化されたものでCPU・メモリなどPC主要構成部品の高速化に伴い,現在ではAGP・PCIバスに取って替わる高速なバス規格です。

そして最近のマザーボードはグラフィックス機能をはじめ、ほとんどの機能をチップセットやCPU内部で処理してくれる為、拡張ボードのお世話になる事もかなり減ってきました。

ただ、やはり3Dゲームをプレイしたり、ハイビジョン動画/TVを録画編集したり・・・などなど拡張ボードの交換や増設で解決できる問題はまだまだたくさんあるのです。
拡張カードの種類は非常に多くのものがあります。

  • ビデオカード・地デジTVチューナー / ビデオキャプチャーカード
  • サウンドカード
  • LANカード / シリアルインターフェイスカード
  • ThunderBolt / IEEE1394 / USB3.0インターフェイスカード
  • IDE / SerialATA 6Gbpsインターフェイスカード・RAIDカード

上記が主な拡張カードの種類ですが、この他にも「こんなのがあるんだ!」と言うような面白い拡張カードがパソコンショップにはたくさん並んでいます。
Windows7の発売により最近では高性能ビデオカードの需要が増加しています。

交換の基本注意点としては下記の通りです。

  • 拡張カードが増設出来るスペースがあるか(長さ・ロープロ型など)
  • カードのデバイスドライバが使っているOSをサポートしているか
  • 他に取り付けられている拡張カードとの相性・競合問題

相性不良でシステムが不安定になるのも拡張カードが原因である事が多いと思われます。
そして同じ機能の物でも色々なメーカーから供給されているので的確な判断が必要です。

修理に関してはボード交換が主になりますが、放熱用ファンを搭載した一部のビデオボードなどで、ファンが破損した場合はファンのみの交換など部分的な修理が可能です。
ボード上のコンデンサー/チップ抵抗などの交換修理作業なども承っています。
SATA3/raid拡張ボード
SATA 6Gbps / RAID Card
HighPoint Inc.
ビデオボード
PCI-E x16 Video Card
MSI Computer Japan Co Ltd.