PCワークマンロゴ
  • トップページ
  • サービス内容について
  • saibisu 作業価格工賃・について
  • ご依頼・申込み方法
  • 修理工房案内・地図
  • パソコン修理・改造ブログ
  • お問合せ・お見積りメールフォーム

記事一覧

Dell Vostro A860 バックライト交換

電源ON後に一瞬BIOS(DELLロゴ画面)が出て、後は真っ暗と言う症状。
Vistaは起動して、外部モニター表示は可能なのでインバーター不良か、陰極管の不良だろう。

ファイル 121-1.jpg

上の写真は、赤丸のように左からPWR/HDD/BATT/無線は点灯して起動している状態。
まだ、4年ぐらい?でバックライト切れって言うのも納得いかないが・・まあ当たり外れはあるし、なんせDellだから('◇')ゞ

ファイル 121-2.jpg

バックライト交換は久しぶり・・・嫌いな作業の一つです。
最近はLEDが主流なので・・と、喜んでいた矢先のお仕事でした。

ファイル 121-3.jpg

352mm×1.8φの陰極管。折れてはいないし、あまり黒ずんでもいない・・インバーターは異常は無いようだが、念のため一緒に交換。

ファイル 121-4.jpg

問題無く復旧しました。

記事には関係ないが、このモデル、HDD交換はどうするんだろう?と思ったら、全部分解して、マザーボードを外さないと交換できない構造になっていた。

さすがDELL。底面に穴を開けるのを忘れたとしか思えない・・。
最悪ですな~ドクロ

Dell Studio XPS 9100 電源交換

故障しているという訳ではないが、時々起動しなかったり、特殊な3D画像処理ソフトを使うと頻繁にフリーズする・・という事での検証作業。

ファイル 120-1.jpg

Studio XPS 9100の仕様はこちら。

純正の電源は525Wの総出力。12Vが3ラインで各18Aコンバインで500Wまで。
構成はi7-920+GeForceGTS450なので十分に思えるが電源以外に疑わしいパーツは無い。

ファイル 120-2.jpg

ソフトを使いながら消費電力をリアルタイムで見ていたが、瞬間的な増減が頻繁に起こる。
250W程度まで瞬時に上がるので、12Vラインに余裕が無いのかもしれない。
取りあえず電源ユニットを交換。

ファイル 120-3.jpg

12Vシングルラインで54Aのモデルに交換して様子を見てもらう事になった。

Qosmio V65 リカバリー出来ない

2年ほど前の各社Windows7モデルのHDDを新しいHDDに自分で交換した後、リカバリーディスクから初期化しようとしても出来ない・・
かなり多くの方がこのトラブルに遭遇して、結局PCを買い替えてしまった・・というケースが多いのではないだろうか。

AF(Advanced Format)アーキテクチャーを採用した、いわゆる4KセクターHDDを従来型512byteセクターHDDから交換した場合に発生するトラブルだ。
今回のケースは最新?2.5インチ7mm厚のHGST製AFアーキテクチャーHDD。
なんだか、昔から比べるとラベルが超ダサい・・。

ファイル 119-1.jpg

メーカーを問わずIntelプラットフォームのPC、かつイメージリカバリー方式を採用しているメーカー製PCで発生する。メーカー独自のハード制御ソフトがインストールされているPCではAMDプラットフォームでも発生するかもしれない。

今回のToshiba Dynabook Qosmio V65/86Lもその一例。
AV仕様のノートPCで、オリジナル状態でもリカバリーイメージの展開にものすごく時間が掛かる。

ファイル 119-2.jpg

上記画面で延々と再起動を繰り返し挙句の果てに・・

ファイル 119-3.jpg

のような画面が頻発する。
このモデルはマルチメディア専用のオリジナルQuad Coreプロセッサーが搭載されているようだ。まさに、迷惑千万(失礼!個人的な意見です。)

ガマンすれば、何とかリカバリーは終了するが、地デジは見れない、DVD・ブルーレイは見れない・・などなど、東芝オリジナルソフト・機能は全て動作しない。
デバイスマネージャーはビックリマークの嵐状態になる。

回避方法はネット上でも個人の方がアップしてくれているので参考にして欲しい。
決まった回避方法は無く、PCメーカーによりエラーもさまざま。

今回は512byteセクターHDDに一度イメージを展開してから、AFに対応したクローンソフトで再度4KセクターHDDへイメージを展開した。

ファイル 119-4.jpg

最後のスナップは正常にWindowsUpDateが出来るようになった状態。

PCメーカー側ではこのトラブルは買い替え需要の切っ掛けになってくれる?だろうし、メーカーの瑕疵ではないので絶対にこの手の不具合解決法はサポート情報ではアナウンスしないだろう。

判断基準としては、リカバリー後にWindowsUpDateが出来なかったりSP1にアップできなければ、この不具合に該当する・・と個人的に思うので皆さんも気を付けましょう。!

PowerMac G4 MDD 電源ユニット修理

MacOS9の最終モデル・・と言う事でいまだに使っている方が多いモデル。
但し、電源ユニットが非力な為、電源が入らなくなるトラブルが多発したモデルでもある。

ファイル 118-1.jpg ファイル 118-2.jpg

今回は起動したり、しなかったり・・と、完全に不具合が発生している訳でもないらしいが、早めに対策したいと店舗デザインの法人さんからの修理依頼。

ユニットを分解して2次側コンデンサーを全て一度外し、容量を検査したところ10V/1000μFが容量抜けを起こしていた。
使用されているコンデンサーは評判の悪いLtecとTEAPO・日本ケミコンなどなど混合チーム構成。

ファイル 118-3.jpg ファイル 118-4.jpg

問題が起きていないモノも含め全て国産品へ交換。
起動しない症状は発生しなくなった。♪

MacPro A1289 ボードコネクター修理

暫くご無沙汰でしたが、またボチボチ投稿していきます。
文章が長いと投稿するのが億劫なのでなるべく短めに・・(;'∀')
今回はOA商社さんから珍しくMacProのロジックボード修理依頼。

ファイル 117-1.jpg

メモリーの増設交換時にCPUドーターボードを脱着するが、このコネクターが曲者。

ファイル 117-2.jpg

ロックレバーを閉じると同時に梃子の原理でCPU/メモリボードのコネクターのメス側がロジックボードのオス側に刺さるのだが、ちょっと気を抜くとご覧の通り。
力が掛からないので判りにくく、目視もできないので抜いて見てビックリ!びっくり

ファイル 117-3.jpg

根気よく・・折れないのを願いつつピンセットで起こして無事復旧しました。

ファイル 117-4.jpg ファイル 117-5.jpg

デザイン的には美しいが、こんな重要な部分はもっと安全性・剛性を優先して考えて欲しいものですな。怒