PCワークマンロゴ
  • トップページ
  • サービス内容について
  • saibisu 作業価格工賃・について
  • ご依頼・申込み方法
  • 修理工房案内・地図
  • パソコン修理・改造ブログ
  • お問合せ・お見積りメールフォーム

記事一覧

LS-WV2.0TL/R1 HDDをWD REDへ交換

「よくクラッシュする」と評判が良いとは言い難いBUFFALO製NAS / LinkStationのモデル LS-WV2.0TL/R1
そして、これまたよく起こる不具合。ファームがEMモード(復旧モード)になり、起動せずファームアップデートもエラーになりどうしようもないという案件。

いつも不思議に思うが、何故デフォルトのRAIDアレイがRAID0モードなのか理解できない。2TBの容量を売りにしたいのか・・まあお得感があるからかもしれないが・・そのかわり説明書の至る所に「ハードディスクが破損した場合、データは復旧することはできません」と、誇らしげに書いてある。

今回のトラブルはプライマリー側のHDDがセクタークラッシュを起こしているのが原因だった。オリジナルはHGSTのHDS721010CLA332が組み込まれている。

セクター修復後に仮想環境で仮想RAID0を組み、とりあえずデータは無事吸い出せた。このオリジナルHGSTのドライブで再度ファーム書き換えをしてみるが、2度ほど失敗。最終段階で「LinkStationの応答がありません」と異常終了してしまう。

どうやら元々の使用環境が法人さんの為、固定IPでクラスBのNWアドレスを24ビットのサブネットで分割して使用している事がうまく通信ができない原因のようだ。

アップデートの環境をP2P(ピアツーピア)に変更し、端末側IPアドレスの第4オクテットを151に変更してアップデートをすると無事終了。(LinkStation側はDHCPサーバーが無い環境だと、強制的に固定IPでxxx.xxx.xxx.150に設定されるようだ。IPアドレスが決定できない時、リンクローカルアドレスでも169.254.xxx.150/16になっていたので。)

以上で復旧作業は終了だが、セクタークラッシュしたHDDを再利用するのはリスクが大きく、2台ともHDDを交換してRAID1モードに変更することになった。

そこで、前から興味のあったNAS向けに開発されたWD REDシリーズと交換してみた。
使ったのは1TBモデルのWD10EFRXが2台(2台共に交換)、作業自体は各HDDのクローンを作りRAIDモードを変更するだけである。
ただし構成変更後の構成チェック作業が軽く6時間以上(8時間ぐらいか?)は必要。

書き換えプログラムからファームイメージを取り出しTFTPDなどのサーバープログラムを使ってファームを書き込みHDDを交換する方法もあるので、お好きな方法でどうぞ。ハート

ファイル 109-1.jpg

WesternDigitalサイトの互換性リストにはBUFFALO製のNASは全く掲載されていないが、今回使用出来る事が確認できた。
REDシリーズはAFT採用のHDDなので使えるかどうか心配だったが、特に問題は無いようで、この後ファームを1.62へアップしたが、その時も問題は起こらなかった。

このWD RED、とても静かなHDDで快適です。一般的なSSDを起動ドライブとしたデスクトップPCのデータ用ディスクとして使っても良いかもしれない。
そうそう、このオリジナルで組み込まれているHGSTのHDDって酷くないですか?
異常に振動して動作音が大きいのはクラッシュした原因?個体差だろうか・・。ドクロ

Windows7 64bit SRTSPL64.SYS エラー

Windows7 Professional 64bitで起こった 0x00000050 のブルースクリーンエラー。
滅多にお目にかかれないだろう? Dell Precision Workstation M6500 で起きたトラブルである。ただし、このエラーは特に機種依存するものではない。

ファイル 104-1.jpg

メモリかHDDのトラブルっぽいが、実はSymantecのアプリケーション、主にNortonなどアンチウィルス系のアプリがクラッシュして起きるようだ。

今回はSymantec Endpoint Protectionという法人向け総合セキュリティソフトがクラッシュして引き起こしたトラブルだ。

症状の切り分けとしては、セーフモードで起動し、シマンテック系のサービスとスタートアッププログラムをOFFにして再起動してみれば良い。ただ、他にもシステムファイルがクラッシュしている可能性が大きいので、修復は必須となる。

それにしてもこのノートPCデカすぎる・・。B4サイズ?
スケッチブックサイズPCだ。♪
ACアダプターも19.5V/12.3Aと200W超クラスの電源。弁当箱サイズの大きさ。ドクロ

ファイル 104-2.jpg

弁当箱だといろんな大きさがあるが、3.5インチHDDよりデカイのはご覧のとおり。!

Advanced Format Technology AFTの罠

通の方ならご存知だとは思うが、AFTとはWesternDigitalが最初に発売した4KiB(4096バイト)物理セクター採用のHDDに実装された512Byte論理セクターのエミュレーション技術の事である。

AF対応HDDはOS側から見ると、あたかも今までの512バイトセクターのHDDのように振る舞ってくれて?意識せずに苦労もなく使うことができるが、XPではアライメントがずれて速さが出ないなどトラブルも多い。

そろそろ「この手」のトラブルが来るかな・・
と以前から思っていたら自分でも全く気が付かなくてハマった。

少し古めのPanasonic/CF-Y8のリカバリーが出来ないという案件。
XPのダウングレード権が付いたVistaとXP、2つのOSがインストール可能なお得なPCだ。
昔はこういうモデルがあったねえ。懐かしい。

Vistaにリカバリーしようとしても、最後に「Windowsを構成できませんでした」というエラーでリカバリーが終了してしまう。
(スナップ撮りませんでした^^;)

何度かエラーを出されて、やっと気がついた。^^;
あ~、この時代に2.5インチの1TB/HDDなんて有るわけ無いだろう・・。
外してみれば写真の通りWDのAFT対応の4KセクターHDD/WD10TPVTだった。

ファイル 103-2.jpg ファイル 103-1.jpg

リカバリーの時に問題になるのは、国内メーカー製PCのリカバリーディスクは工場出荷時のイメージファイルをNortonのGhostなどを使って圧縮/展開してインストールするモノが多いという事。

調べてみると、WesternDigitalのホームページに「クローンイメージのリカバリーはリカバリー後にユーティリティを使ってアライメント調整をしろ」と書かれている。
Vista / Win7のクローンイメージでもアライメントがズレるようですね。

まあ、それは置いておいて、今回はリカバリーイメージ内に含まれているIntel Matrix Storage Managerがエラーを出していたのが原因。
Matrix ManagerがAFTに対応していないのは有名な話なので、多くは語りませんが・・。

試しにクリーンインストール後にMatrix Managerを入れてみたら(インストールは出来るのです。不思議。)WindowsUpdateはすべて0x800系エラーで失敗する。
Security Essentialsもエラーが出てインストール不可。・・これじゃあダメだね。汗

なかなか気が付かず、お恥ずかしい話だが、みなさんも気をつけましょう・ね♪

CMOS電池ホルダー交換 / ケースSW交換

なんて事はない修理作業だが、こんな地道な修理もやってます。

写真はECSのM/Bで、お客様がご自分でCR2032ボタン電池を交換しようとして、固定の爪を割ってしまった。
良くありそうなトラブル?交換前と交換後のスナップ。

ファイル 102-1.jpg ファイル 102-2.jpg

次は「電源が入らない」と持ち込まれたショップブランドのBTOパソコン。
電源ユニット不良だろう・・
と思い、試しに本体スイッチを入れてみると「手応え」がない。
「ふにゃ」っとした感じである。電源を入れた手応えがない・・という表現が適切かも?

ファイル 102-3.jpg ファイル 102-4.jpg

テスターで検査すると、明らかに導通がなくケース側S/Wの接触不良。
途中で切断して新品と交換して終了。無事電源が入る様になった。

今回は、またまた写真整理の投稿でした。汗

TX66 液晶交換 / L410 c000021a エラー

2件まとめて、スナップ写真の整理的投稿です。滝汗

< Acer Veriton L410 c000021aエラー >

ファイル 100-1.jpg

c000021aでググると、山ほどヒットする代表的なブルースクリーンエラー。
今回はAMDプラットホーム超小型デスクトップAcer Veriton L410で起きたトラブル。

特定の機種に限られるわけでなく良く起こるエラーのひとつで、大体がHDDの物理的故障などで起こる事が多いが、論理エラーの場合もある。
ただ、今回は診断の結果、チップセットのHDDコントローラー不具合の可能性が強く、お客様が某販売店の延長保証に加入していたという事も有り、メーカー修理に出す事になった。診断のみの作業で終了。

< Dynabook TX/66H 液晶割れ破損 交換 >

ファイル 100-2.jpg ファイル 100-3.jpg

この液晶はAcerなど他のPCメーカーでも使われている液晶パネルだが、同じ30ピンコネクターでも各メーカーにより微妙に配列が違うようだ。
パネル型式の最後の3桁(メーカーリビジョン)に注意しないと正常に動作しない。

TX66シリーズはネット上でも話題になっている電源不具合の多い機種だが、原因はCPUソケットの裏に付いているNECトーキン製プロードライザーというデカップリングデバイス(コンデンサー)の劣化らしい。

パーツも需要が多いらしく品薄で、結構高値で取引されているみたいだ。
リフローで表面実装されているので、これは交換が厄介だなあ・・