PCワークマンロゴ
  • トップページ
  • サービス内容について
  • saibisu 作業価格工賃・について
  • ご依頼・申込み方法
  • 修理工房案内・地図
  • パソコン修理・改造ブログ
  • お問合せ・お見積りメールフォーム

記事一覧

VAIO VGN-TT92JS 動作が遅い

2009年発売のネットブックタイプのVAIO・TT92シリーズの動作が異常に遅いので、とりあえず原因を検証して見て欲しいとの案件。

OSがVistaなので仕方ないだろう・・。
と思っていたが、PCのスペックを調べていて唖然。
当時としては信じられないハイスペックなハード構成だった。

VAIOオーナーメイドTypeTモデル

ご覧のとおりw。

まさかのRAID0構成でSSDを採用・ブルーレイドライブ等々。
SSDはSamsungのMMCRE28Gを2台でRAID構成されている。

当時で30万近くオーダーで掛かったらしい・というモバイルPC。
原因はストライプを組んでいるSSD2台の内1台の物理的エラー。

ファイル 168-1.jpg

SSDの物理エラーはプラッタHDDと色々な意味で原因が違うので・・
修復もケースバイケースで行った。
結果的にSSDの寿命と言う訳では無く一安心。

RAID構成情報は無事でVistaは何とか起動出来たので、速攻データを吸い出しWindows7へOSを変更してデータを書き戻しました。

ファイル 168-2.jpg

2009年時点で、この様な超ハイスペックの11インチ・モバイルPCを作るSONYは流石。
このギャンブル的商品開発?姿勢をSONYは忘れて欲しくないですね。

まあ、こんなPCを買う御客様も・・凄いですw

MacBook Air Mid2009 SSD換装

MacBook Airの動作が異常に遅いのでなんとかして欲しいという案件。
動かしてみれば「虹色グルグル」が至る所で起こり、何も操作出来ない状態が長く続く。

明らかにファイルシステムの論理障害、又はHDDの物理的障害なのでSSDへの換装を提案・決断してもらった。
必要なデータは無いと言うことなので気分的に楽な作業。
HDDは1.8インチのSamsung製LIFインターフェイスモデル・・

ファイル 167-1.jpg ファイル 167-2.jpg

最近じゃ調達が難しく成りつつ有るHDD規格なので、英断と言いましょうか・・。
SSDへの交換はマニアの方なら問題無く御自分で出来る作業レベルです。
SSDはToshiba製128GBです。

ファイル 167-3.jpg ファイル 167-4.jpg

交換後SnowLeopardをインストールして最新版までアップデート。

ファイル 167-5.jpg

SSD換装後はサクサク動き快適に成りました。
当たり前ですよねw。m(__)m

REGZA PC D711 液晶パネル不具合

画面表示が緑になる・・という不具合。
個人的に分解するのが苦手な一体型PC、TOSHIBA REGZA D711シリーズでの症状だ。

ファイル 166-1.jpg

画面が赤くなったり、文字が2重になって振れてチカチカしたりする症状は一般的に液晶パネルの後部に付いている表示制御用のPCB基板の不具合である可能性が大きい。

ノートPCなどで液晶ケーブルがヒンジの回転に依って接触不良になるケースは多いが・
一体型では液晶ケーブルの不良は有り得ないだろう・・
と思い込んでしまったのがツボにハマった原因の修理案件でした。

このシリーズは上位機種のD731が23インチでLED液晶パネル。
今回お預かりしたD711は21.5インチで4本のCCFL(陰極管)仕様。

ファイル 166-2.jpg

2011年モデルなので当然LED液晶と思ってしまったのも判断ミス。
やはり初心に戻らないとダメですねw。

結論的には液晶パネルの不具合でなく、マザーボードとパネルを繋ぐ液晶ケーブルの断線が原因でした。

インバーターは単品販売の昔の液晶モニター並みの大きさ。(4極管だから当たり前?)

ファイル 166-3.jpg

このREGZAはネット上で情報があるが、後部カバーを外すのに思い切りの良さが必要。
かなり爪が硬いので、力を入れて引っ張らないと外れない。

ただROMドライブはベゼルを外さないでも、トレイを引き出しておけばカバーを外す事が出来ます。
もし壊してしまった時は自己責任でw。

MacBook Pro Early 2011 画面が真っ白

日頃Macを余り扱わない為、情報を収集するのが遅れたが、結論としてWindowsマシンでもよく起こるAMD製ビデオチップ(RadeonHD)BGAパッケージの半田ボールに過熱によるクラックが入り起動しなくなるトラブル。

現時点ではネット上で有名な症状だが、Apple側で今年2月末(つい最近w)からリペアエクステンションプログラム(無償修理)対象の不具合になっている。

今回お預かりしたのはEarly2011モデルで Corei7+dGPU(AMD RadeonHD)を搭載している。

症状はアップルマークの後に画面が真っ白になり動作が止まってしまう・・というもの。

ファイル 165-1.jpg

ただ、このマシンは偶然?起動することも数回あり、オンラインのApple Hardware Testでも異常が無いと表示されるため、なかなか原因が解らなかった。

ファイル 165-2.jpg

分解してHDDのセクター検査をしたりメモリの単体テストを行ったり・・シングルユーザーモードで起動シーケンス不具合やfsckの確認をしたり・・などなど・全くGPUのトラブルという頭が無かったため、かなり検査に時間を費やしてしまった(^_^;)

ファイル 165-3.jpg ファイル 165-4.jpg

アップルマークまではi7側の内蔵GPUで描画をしている為・という事も判断を遅らせた原因の一つだろう・と思っている。

とにかく無償修理該当機種をお持ちで「正常に起動しない」等の不具合が出た方はAppleのサポートに連絡して無償修理をしてもらおう。詳細は下記リンクから。
2016年2月末までの対応なので急ぎましょう。

<Macbook Pro リペアエクステンションプログラム>
https://www.apple.com/jp/support/macbookpro-videoissues/

<無償修理対象モデル>
MacBook Pro (15-inch Early 2011)
MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
MacBook Pro (17-inch Early 2011)
MacBook Pro (17-inch Late 2011)
MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

年末年始の営業時間について

お客様 各位

年末年始は12/31~1/3日まで休業とさせて頂きます。
一応ですが・・

お急ぎの方は、お電話を頂ければ休業中でも対応できる場合がありますので、Informationページから携帯電話にお電話を頂ければと思います。

本年度も多くのお客様にご利用頂き誠にありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

来年度も宜しくお願いいたします。