PCワークマンロゴ
  • トップページ
  • サービス内容について
  • saibisu 作業価格工賃・について
  • ご依頼・申込み方法
  • 修理工房案内・地図
  • パソコン修理・改造ブログ
  • お問合せ・お見積りメールフォーム

記事一覧

Windows7 ntkrnlpa ブルースクリーン

今年の後半は予想外にTX/65 TX/66 TX/67 TX/68 AX/53のプロードライザー交換作業に追われてしまった。意外と困っている方はまだまだ多いみたいですね。
もう時効だと思っていたのですが・・。

ですのでブログもDynabook関係の修理が忙しくて更新出来ずじまい・・
(コレは私の無精な性格が原因・・が本音です。)

今年最後?の今回の記事で書こうと思ったのが表題のブルースクリーン解決方法・・

と言ってもこのPAE(物理アドレス拡張)カーネルが起こすブルースクリーンは色々な原因があるのは、ネット検索をしてこの記事を見つけた「あなた」が一番よくご存じのはず。

困っている方の中にDynabook TXシリーズをVistaからWindows7の32bitバージョンに入れ替えた時、かつ、メモリを4GBに増設した方がいらっしゃるのではないでしょうか?
(一部の方だと思います。(;'∀')この記事はそう言う方に限ってです。)
他メーカー製PCでも、Intel965環境ならば同様の症状が起きる可能性ありです。

Dynabook TXシリーズはメモリー容量は4GBまで増設が可能です。
ところが、965チップセットで4GBメモリーに対応していないドライバーがある様です。

原因は、一番肝心なIntelの965「GMA X3100ビデオドライバー」がPAEに正常に対応していない為に表題のntkrnlpa.exeがブルースクリーンエラーを出してしまうのです。
但し、Windows7/32bitへ変更した場合に限り・・と言う感じですね。

ファイル 156-1.jpg

エラーのメッセージは多種多様ですが、この ntkrnlpa.exe PAEモジュールに関連しているエラーなのではないでしょうか?すべてのエラーが他のモジュールを巻き込んでの物理メモリーアドレス違反になっている様です。
解決はしていない様ですが、下記リンクの様なFAQも海外ではありますね。

https://communities.intel.com/thread/32085

とりあえずですね・・
Dynabook TXシリーズに関しての解決策は、Win7/32bitOSでは、メモリーを2GB+1GBの3GBに抑える事です。
4GBで動作させている方は、試しにモジュールを1枚抜いて、2GBのシングルチャンネルで起動してみて下さい。
おそらくブルースクリーンは発生しなくなると思います。

スキルのある方はコマンドラインで bcdedit /set pae default でOKじゃないか?と思う方もいらっしゃるでしょうが、今回の場合はこれではダメなのです。

かと言って、ForceDisable にしても、デバイスドライバーを読み込んだ時点で画面が真っ暗になるはず。(;'∀')お試しあれ。
(ドライバー側が正常な対応をしていない様なので無理みたいですね)

64bitバージョンでクリーンインストールした方は、PAEは関係無いはずなので4GBでもエラーは出ないのでは・・と思います。(当方では未検証です・・)

同じIntel965チップセットでも、NVIDIA製グラフィックチップを別途積んだ他社製モデルはNVIDIA側ドライバーがPAEに対応したカーネルファイルと入れ替えるらしく、32bitでも動作に問題は無いようです。

DynabookのTXシリーズは、Proadlizerの不具合を除けば、まだ後数年使えるスペックですので、こんな不具合で諦めて買い替えてしまうのはもったいない。

と言う事で、今年も多数のお客様・同業者の皆さま、お世話になりました。
心より御礼申し上げます。

また来年も・・宜しくお願い申し上げます。

_(._.)_

PowerMac G4 MDD ATX電源へ交換

OS9が動く最終モデル。デザイン関係やCAD関係の法人さんではいまだ使っていることの多いG4 MDD。

一度電源ユニット内のコンデンサーを交換してから暫くは動いていたが、また起動しなくなったと言う事で今回はATX電源に交換して延命を図る事になった。

ファイル 155-2.jpg

ATX電源とはコネクターのピンアサインが全く違うので、ATX電源延長ケーブル(AINEX製/30cm)を加工して取り付ける。

ただ、延長ケーブルをケース外に引き出してATX電源を簡単に交換出来るようにすると、長さ的には60cm無いと厳しいだろう。

今回はATX電源延長ケーブルを2組使い、デバイス系に使うペリフェラル4ピン端子も延長してケース外で電源ユニットを交換脱着できるようにした。

ファイル 155-3.jpg ファイル 155-1.jpg

ケース内部は電源ユニットが無くなるのでスッキリ。
ATX電源ユニットは、本体の上部に置いてもらう感じ。

ファイル 155-4.jpg

こうすれば電源を再度交換と言う事になっても、手間が掛からずOK。
今回使った電源は玄人志向の500W/12Vシングルレーン35A電源。

まだまだMDDを使いたいと言う方は参考にして下さい。

ホームゲートウェイ PR-S300SE 接続中

たま~に他府県の代理店さんから依頼が来るルーターの設定作業。
ぼーっと設定作業をしてるとハマる事がある。

ファイル 154-1.jpg

上の画像(PR-S300SE)の状態、「接続中」だが実はISPには接続されていない。
正しい日本語的には「接続処理中だぞ!少し待てよ。」と言う状態を伝えたいらしい。

ファイル 154-2.jpg

ステータス画面を見るとWAN側のグローバルアドレス他が取得できていない。
当然ゲートウェイルーターのPPPランプも消灯している状態なのだ。
ルーターの故障だと思い込み、ISPサポートに問い合わせたりNTTに電話したり無駄な時間を費やす事態に突入。

原因は・・認証IDの英語小文字「l」と数字の「1」の連絡ミスと言う単純なもの・・。

ファイル 154-3.jpg ファイル 154-4.jpg

左側の画像がISPと接続された状態の画像で、状態が「確立」になるのが正しい。
でも、右側の画像はPR-400NEのISPと接続された状態だが、こちらは「回線接続中」が正常な状態表示になる。

日本語は難しいなぁ・・汗
そうじゃないでしょ、状態の表記を統一して欲しいですな。

どちらもNECのOEMなんだからね。ドクロファームアップしようよ。
と、NTTのテクニカルサポートの方がそう申しておりました。_(._.)_

United Kingdom Police マルウェア

久しぶりの投稿です。
この1か月はマルウェア駆除と、異常な暑さによる熱暴走・HDDクラッシュのデータ復旧などが目白押しだった。

その中でも笑ったのが表題の「イギリス警察もどき」のマルウェア。

ファイル 153-1.jpg

意外と有名らしいが、知らなかった・・。
「あなたは著作権に違反したPCの使い方をしているのでイギリスの刑法に抵触している。罰金を払いなさい!」と言う内容。
よく考えたものだ。。写真の男性は警視総監と言ったところか??

このマルウェア、ユーザー設定を全てロックしてしまうので、何もできない。
始末悪いですな。"(-""-)"

駆除方法はネット上に山ほど書かれているので省略。
今回はLinuxで起動するKaspersky「RescueDisk 10」のWindowsUnlockerを使った。

ファイル 153-2.jpg

その他では、ステルス型マルウェアのルートキット感染は「超」始末が悪い。

駆除ツールも豊富にあり削除は可能だが、システムにかなりダメージが残る場合がほとんどなので、最低でも修復インストールを行った方が良い。
OSの起動が出来れば、データを吸出しクリーンインストールがベスト。

VAIO VGC-LN52 リカバリー エラー332

2009年発売の一体型 VAIO VGC-LN52JGB 地デジ内蔵モデル。HDDがSMARTエラーを出しアクセス不可・起動しなくなり交換と言う案件。
オリジナルはSeagate ST31000340AS / 1TBのモデルで、2パーティション(リカバリー領域+プライマリー)で設定されている。

地デジ録画領域がCドライブと言うのも何となく違和感があるが・・

ST31000340ASは512byteセクターの非AFTドライブだが、AFTのWD10EZEXに交換。
何故WDかと言うとWD製1T/1枚プラッタモデルを使ったことが無かったから・・
で、ハマりました(;'∀') AFT使うの止めておけばよかった・・。滝汗

ファイル 151-1.jpg

パーティションを切った後のフォーマットでエラー:332が発生。
ググってみたらかなり情報がありました・・。
VAIOのエラー332と333はAFTとリカバリープログラムの不整合が原因らしい。
333はもっと厄介と言う情報も・・(;'∀')

結局、非AFTドライブへリカバリーをしてイメージをWD10EZEXに展開した。

無事起動するようにはなったが、Dynabookと同じでWindowsUpdateが 8024A000 エラーで実行できない。
でも、この機種はAHCIではないらしくIntelRSTはインストールされていないぞ・・汗

これはSoftwareDistributionフォルダとcatroot2フォルダを再構築する事で対処できた。
以下のバッチファイルを作り、管理者権限で実行後に再起動すればWindowsUpdateが出来るようになる。

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

たかがリカバリー、されどリカバリーと言う感じ。疲れますドクロ