PCワークマンロゴ
  • トップページ
  • サービス内容について
  • saibisu 作業価格工賃・について
  • ご依頼・申込み方法
  • 修理工房案内・地図
  • パソコン修理・改造ブログ
  • お問合せ・お見積りメールフォーム

記事一覧

Windows7 0xc0000001 エラー

Windows7が何回起動してもスタートアップの修復を延々と繰り返す症状。
役に立たない修復ツールの領域(インストール時に作られる100MBの先頭パーティション)のブートマネージャーかシステムレジストリが破損しているんだろうとは推測がつくが・・ハマった。汗

ファイル 144-1.jpg

PCはドスパラ・オリジナル第一世代Corei7/860搭載モデルだ。
取りあえず全てのハードデバイス検査をしたが不具合はどこにも見受けられない。
疑わしいのはメモリーとHDDなんだけど・・。

MBRとブートマネージャー、BCDストアの再構築やファイルシステムのチェックなど、全て思い付く事をした結果、無限ループからは抜け出す事が出来たが、ブートマネージャーの0xc0000001エラーでWindowsの起動プロセスが止まってしまう。

ファイル 144-2.jpg

こんなメッセージ何の足しにもならない。

F8オプションでブートログを書き出す設定で起動しても、何も書き出してくれない・ドクロ

XPならCDブートで修復インストールが出来るのだが、Vista以降はシステムが起動していないとそれも出来ない。
Repairフォルダもないので初期レジストリもコピーできない・・。

せめてSFCだけでも・・と思っても「修復が完了していないので実行デキマセン。再起動シテ実行してクダサイ」と来たもんだ。

と言う事で、あきらめモード。怒

幸いパーティションテーブルは無事で、データ自体は100%吸出しが出来る状態なのでOS(Cドライブ)のクリーンインストールと言う事で了解を頂いた。

久しぶりに後味の悪い修理だった。…

Windows7 0xc0000411 エラー

Windows7の画面が真っ暗で沈黙して立ち上がらないと言う症状。
特定のハード構成で起こるという訳ではないようだが、何らかのハードウェアとWindows7の相性で休止状態から正常に復帰できなくなってしまうのが原因。

ファイル 143-1.jpg

Windows Vista以降はスリープ状態でも半休止状態になる「ハイブリッドスリープ」と言う機能がデフォルトで有効になっている事が多い。

起動ドライブにこの機能が使う hiberfil.sys と言う休止情報が書き込まれるファイルがあるが、ハードとの整合性が取れなくなると、このファイルを復帰時に正常に読み込むことが出来なくなってブートマネージャーがエラーを出すようだ。

今回は、ReadyBoostを使っている環境だったので、それが原因かもしれない。
PCはショップが製作したオリジナルモデル。ハード的な不具合は無かった。
(画像のビデオボードは検証用。オリジナルはGeForce560Tiです。)

ファイル 143-2.jpg

CMOSをクリアしてS4ステータスからS3に変更したり、各デバイスドライバーを最新のものにアップデートする・・など対策を取ってみよう。

Dell Dimension C521 起動しない

Dimension C521 はNVIDIA製 GeForce6150+nForce430(MCP51)チップセットを使ったAMDプラットフォームのPC。
電源は入るがファンだけ回りBIOSが表示されない症状。

以前hpのPCでも修理したが、明らかにGeForce6150の不具合が原因。

http://www.pcworkman.com/blog/diary.cgi?no=71

ノースブリッジを再リフロー修理した後、ヒートシンクに40mmファンを取り付ける。
ファンが無いとすぐに60℃以上になってしまうが、取り付け後は負荷を掛けても40℃を超えることは無くなる。

ファイル 142-1.jpg

MBがBTXフォームファクターなので、フロントの吸気口に埃が詰まると、ケース内は灼熱地獄になるので要注意です。

Inspiron One 2310 HDDファーム更新

Dell製の23インチ液晶一体型PC Inspiron One 2310 の不具合。
突然Windows7が起動しなくなったと言う事。

ただし、PCが悪い訳ではなく、Seagate Baracuda7200.12シリーズHDDのファームウェアバグが原因。

ファイル 141-1.jpg

このHDDはAppleなどメーカー製PCに多く搭載されていて、無償交換の対象にしているメーカーもある。

BIOSからは認識されているので、ファーム更新用のISOファイルをCDに焼いて、検証用PCでファーム更新。
CC46からバグ修正版のCC49へアップデート。

ファイル 141-2.jpg

HDDアクセスが遅かったりフリーズしやすいなど、動作がおかしいと感じたらデータを取りあえず退避して、なるべく早くファームを更新しよう。

http://knowledge.seagate.com/articles/ja/FAQ/213891ja?language=ja

上記リンクから必要なファイルがダウンロードできる。

ゴールデンウイーク営業のお知らせ

4月29日(日)~5月6日(月)の間は、休まず修理受付を致します。

お急ぎでお困りの方、遠慮なくご連絡ください。
(固定電話不在の場合は、携帯電話までご連絡ください。)