PCワークマンロゴ
  • トップページ
  • サービス内容について
  • saibisu 作業価格工賃・について
  • ご依頼・申込み方法
  • 修理工房案内・地図
  • パソコン修理・改造ブログ
  • お問合せ・お見積りメールフォーム

記事一覧

Acer Aspire5738 画面が赤くなる

Mobile IntelGM45 + Core2Duo P8600を搭載したAcer Aspire5738 Vistaモデル。
突然、画面が赤くなってしまったという症状。

明らかに、液晶パネル関係の不具合だと言う事は分かるが、今回は、液晶とマザーボードを繋ぐLVDSケーブル(LCDケーブル)のボード側コネクター接触不良だった。

ファイル 130-2.jpg

液晶の回転するヒンジ部分からケーブルが出ている為に、時間が経つに連れ、少しづつケーブルがよじれ、M/B側のコネクターが浮いて来てしまうようだ。

写真のようにシリコンシーラーと絶縁テープでコネクターとケーブルを固定し、様子を見て頂く事になった。

Dynabook EX/55LWH CPUファン交換

2010年に発売されたDynabook EX/55LWH、初代Corei3を搭載したモデル。
ファンの音が異常に大きいので見て欲しいと言う案件。

ファイル 129-1.jpg

そんなにヒートシンクに埃が詰まっている訳ではないのだが、「ガー」っとすごい音。
見た目は判らなかったが、ファンの羽が1枚亀裂が入って曲がり、ファンハウジング内側に擦って異音を出していた。

SUNON製GB0507PGV1-Aと言うモデルだが、タイミング悪く手に入らなかった為、手持ちのADDA製AcerPC向けの似たようなモデルを付けようと思ったが・・微妙に角度が合わず厚さも5mmほど薄い・・。

ファイル 129-2.jpg

で、どうしたかと言うと、分解してファンとモーターの部分を「切り出し」、壊れた方のファンも切り出して外し、古いファンハウジングに移植した・・強引(;'∀')
造形補修材で接合したので強度は全く問題ない。
(すみません。写真撮り忘れたので頭の中で想像して下さい。)

ファイル 129-3.jpg

改造ファンを取り付け後、Memtest他で数時間負荷を掛けたが問題無し。♪
何とかなるもんだなぁ。汗

VJ14M/EX CPUファン オーバーホール

NECのビジネス向けノートVersaPro VJ14M/EX-W、微妙な年代だがまだ使えるレベル。
突然CPUファンが止まって、フリーズするようになると言う症状。

動かない訳ではなく、スリーブタイプの軸受だったのでオーバーホールする事にした。
(というか、新品調達が間に合わなかったので・・)汗

ファイル 128-1.jpg

トルクの弱いモーターなので、少し埃でも軸受に入り込むと止まってしまいそうだ。
清掃・アルコールで洗浄してから最後はコレ!

ファイル 128-2.jpg

意外と頼りになるヤツ。(;'∀')やっぱりHighGradeタイプで決まり。♪
ミニ四駆だけでなくPCの世界でも十分通用しますな。

Fujitsu FMV-NF/E40 リフロー修理

ネット上では「かなり」話題になっているFMV-BIBLO NF/E40の電源は入るが画面に何も表示されない不具合。
AMDプラットフォームAMD M880Gチップセット内蔵のATI Mobility Radeon HD4200でグラフィックを表示しているが、ノースブリッジの過熱による半田クラックが原因で上記症状が発生する。

ファイル 127-3.jpg ファイル 127-1.jpg

ただし、この機種の場合は修理はしないで買い替えた方が賢明だと思う。
(修理屋とは思えない発言!)
もし修理するならリボールをしてくれる業者に頼むか、「新品」のマザーボードに交換してしまう方が良い。

おそらく半田の材質と、M/Bのパーツレイアウト設計に問題があると思う・・。

ファイル 127-2.jpg

細かい事は書かないが、環境を移行する為に暫定的にリフロー修理するならOK。
ロットが違う?のかもしれないが、この症状が発生しない同モデルもあるので、全てと言う事では無い。

Epson Endeavor NA801 リフロー修理

使用中に画面に縞模様が現れるようになり、正常に起動しなくなってしまったという症状。
Epson NA801はチップセットがPM965Expressで、VGA表示にNVIDIA GeForce 8600M GT を搭載している。
明らかにGeForceの不具合でリフロー修理と言う事になった。

ドタバタしていたので、不具合状態のスナップは撮り忘れ・・やれやれ

ファイル 126-3.jpg ファイル 126-4.jpg

リフロー後は無事起動。BIOSが古かったので更新。
組み込まれていたハードウェアの診断プログラムで動作を確認。