PCワークマンロゴ
  • トップページ
  • サービス内容について
  • saibisu 作業価格工賃・について
  • ご依頼・申込み方法
  • 修理工房案内・地図
  • パソコン修理・改造ブログ
  • お問合せ・お見積りメールフォーム

記事一覧

Acer Aspire One D255 D257 メモリ交換

前回、何故メモリランクの記事を書いたかというと、今回のネットブックAcer D255やD257のメモリ交換の記事を書く予定だったからだ。

最近、立て続けにAspireOneのメモリ交換の注文を受けた。
どちらもPineTrail / 45nmのAtomNシリーズのCPUを搭載したネットブックタイプのPC。
D255Eは1Core / 1HTのAtom N455を積み、D257は2Core / 2HTのAtom N570である。

チップセットは1チップのNM10(PCH)で、メモリコントローラーとビデオコントローラーは当然CPU側に内蔵されている事になる。
両CPU共にメモリコントローラーはDDR3メモリ対応で、今回作業したモデルは標準で両方共DDR3-1333 1Rx8 1GB DIMMを搭載していた。

ファイル 96-1.jpg

OSはWindows7 Starterで、このバージョンはバンドルしてPCを販売するには多くのハードウェアにスペック制限をしなければならない。
Starter EditionはOS側で物理メモリに2GBの制限があるが、Atom Nシリーズもメモリコントローラー側で2GBの制限がある。
どちらにしても2GBがリミットになってしまうわけだ。

下の画像はAtom NシリーズメモリコントローラーのDDR3 DIMM対応仕様である。
(N450 / N470はDDR2のみのサポートになる)

ファイル 96-2.jpg ファイル 96-4.jpg

DIMMスロットは2つまでサポートされている様だが、この機種は1スロットしか無い・・。
表から分かるように、メモリコントローラー側で標準サポートされている2GB DIMMは以下の2通りの仕様になる。

DDR3-1333 2Rx16 2GB DIMM 8チップ両面実装 (片面4チップ×2)
DDR3-1333 1Rx8 2GB DIMM 8チップ両面実装 (片面4チップ×2)

ちなみに表の「Raw Card Type」とはJEDECで規定されているDRAMチップのDIMM実装方法で、DDR3 / SO-DIMMの場合はType AとType Bは違いは無いようで、片側4チップで両面実装するという規定だ。
DDR3 / SO-DIMMで片側のみ実装はRaw Card Type C、両面16チップはType E - Fで規定されている。

ファイル 96-3.jpg

どうだろうか?
相性問題を片面実装/両面実装やバンク(ランクと同義として)で論じるのは、ある意味違っているというのを分かって頂けると思う。

たまに「コントローラー側で2RankのDIMMをサポートしていない」と書いてある掲示板や記事を見ることがあるが、4ランクは別として基本的にアンバッファータイプのDIMMでも2ランクのタイプは必ず市場に出回るので、メモリコントローラー側で2ランクDIMMをサポートしないと言う事は、まずあり得ないと思う。
もしサポートしなければ、ユーザーは相性問題で大混乱になってしまうだろう。

あと、勘違いしないで頂きたいのは、各PCメーカーがBIOSや基板設計をカスタマイズすれば他の仕様のDIMMも動作が可能になると言う事だ。

JEDECやメモリコントローラーの初期仕様書が謳っているのはあくまで「基本的な仕様」であり、秒進分歩のPC業界では、仕様や対応が刻々と変わって行く。

DDR3 メモリモジュールのランクとは? ②

前回の記事でDIMMのランクというものが何かと言う事が大体解っていただけたと思う。
イメージとして・・(自己満足)滝汗

さて、Corei7の話に戻すと、Intel側の説明だとSandy Bridge-Eの4チャンネルメモリコントローラーは基本的に1ch当たり1枚のDIMMしかサポートしないという事だ。

ファイル 95-1.jpg

インテル側も当然「2Rx8の8GB/DIMMが発売されるのを前提での話」をしていると言う解釈が出来るので、記事に書かれているのは「動作保証は1Rx8が2枚/ch、もしくは2Rx8が1枚/ch」と言う事なのだろう。

Registered DIMM(ECC対応)なら十分可能なのだろうが、ランク数の多いUnbuffered DIMMではメモリコントローラーに対しての電気的負荷も大きく、DDR3/4chの高速なメモリタイミングの整合性を取るのは大変な事だ。

AsusuのIntel X79系のM/Bはその難題ををボードの設計でクリアしたと言える。
信号ラインの最適化、ノイズ対策、デジタル電源の採用などなど、「これで動かない訳がない!」という程の多くの対策を施している。

CPUソケットを挟んで完全左右対称というのも信号ラインの長さを揃えタイミングを取りやすくする一つの手段だということが分かると思う。

但し、2Rx8 8GB DIMM 8枚装着の64GB動作はIntel側が動作保証しないメモリ構成だという事実は間違いないので、メモリモジュールを製造するメーカーも、かなりの高品質が要求される事になるのは必死である。

購入予定のユーザーは、必ず装着予定のマザーボードで動作確認の取れている2Rモジュールを、出来れば同じロットのものを購入して欲しい。
もしくは必ずショップの相性保証付のモジュールを購入する事をお勧めする。

そうそう、メモリの話ばかりだったが、Windows7のバージョンにも注意して欲しい。
まさか知らない方はいないと思うが、Home Premiumは64bitバージョンでも物理メモリは16GBが上限になる。
Professional 、Enterprise 又は Ultimateでないと16GB超えメモリ容量の恩恵は受けられないので注意しよう。!

DDR3 メモリモジュールのランクとは? ①

今回はちょっと毛色の違う、最近気になっている事を書いてみようと思う。
各マザーボードベンダーから次期「IvyBridge」アーキテクチャ対応のIntel 7シリーズチップセットを搭載した製品が次々とリリースされるようになった。

一方で、新しいモノ好きでベンチマークの大好きな方々にとって、現行のSandy Bridge-E/4チャンネルメモリアクセス対応のIntel Corei7/3000番シリーズのCPUは価格は別として使ってみたい一品(逸品?)であろう。

特に気になるマザーボードはAsusから発売されているメモリスロットが8本搭載されているP9X79というモデルだ。(このモデルだけではなく、他メーカーにも同様のモデルはある)

ファイル 94-1.jpg

CPUソケットを挟んで完全左右対称に4本づつスロット(ソケット)が並んでいる。そしてASUS側では最大64GBのメモリ搭載が可能と保証している。
ここで問題になるのがDDR3/DIMMモジュールの取り付けパターンであり、メモリモジュールの「ランク」という規格である。

ところで、DIMMの「ランク」とは何なのだろうか・・

あまり「これだ」という解りやすいサイトが見当たらないので、あくまで個人的な解釈で解りやすく説明してみたいと思う。
(解り難くても突っ込みは入れないでくだされ~)うぇーん

まず、「ランク」の事を一般的に理解しやすい「片面/両面実装モジュール」と言う事と同義の様に表現する方がいるが、それはある意味間違いだと思うし、「ランク」を「バンク」と考える事もバンクはDRAMチップ内のセル構成グループの単位で使われたりする為、多少誤解を与える表現だろう。

DIMM(Dual Inline Memory Module)は基本的に64bitのバス幅を持ち、CPUのIMC(メモリコントローラー)やチップセットのMCHに組み込まれたメモリコントローラーはメモリモジュールと直接64bit単位でデータの受け渡しを行う。(アンバッファの場合)

1枚のDIMMの表面(表裏関係無く)には、その64bitの単位を構成するSDRAM(同期型DRAMチップ)の集まり(グループ)が有り、グループが1つ組み込まれたものをシングルランク(1R)モジュールと言い、64bitのグループが2つ組み込まれたものをデュアルランク(2R)モジュールと言う。(チャンネルでは無いので誤解しないように。)

その他にも4つのグループが組み込まれたクアッドランク(4R)モジュールという規格がDDR2 DIMMにはあるが、サーバー用途のECCモジュールに限られる。DDR3規格では現在のところ未定義のようだ。

そして、このグループ(Rank)のチップ構成を決めるのが、各DRAMチップの密度(容量)と各チップから出ている信号線の本数(チップのデータ幅)の相関関係になる。

現在のメインストリームでは、DRAMチップの密度は1Gb(ギガビット)または、2Gbの物が殆どで、バイト換算では各128MB(メガバイト)または256MBの容量のDRAMチップがモジュール上に実装されている。
240PinDIMMの場合、規格上は8Gb(1GB)チップまで開発される予定であり、現在4Gb(512MB)チップは8GBモジュールとして、すでに販売されている。

各DRAMチップからはDDR3の規格上、現時点では8本(x8)又は16本(x16)の信号線が出る事になっていて、各信号線は1bitのデータ幅出力で1チップで合計8bit又は16bitのデータ幅を持つDRAMがある。(DDR2の規格ではDRAMの容量によりx4のチップがある)

以上の事からDDR3アンバッファードDIMM(いわゆる一般のメモリモジュール)で8bitシグナルラインDRAMが使われているDIMMは、64bit÷8bit= 8個のDRAMチップでシングルランク(1R)のグループが形成されている訳だ。

皆さんも手持ちで使っていないDDR3メモリモジュールがあれば見て欲しい。
ラベルのモジュール規格の部分に「1Rx8」とか「2Rx8」という表記がされている物があると思う。

ファイル 94-2.jpg

1Rx8モジュールの場合、「これはデータ幅8bit(8本の信号線を持った)のDRAMチップを使って1R(ランク/64bit)を形成しているモジュールです」という事になる。

現在のチップ密度とデータ幅から考えると1Rや2Rは「片面/両面」の表記や、「1バンク/2バンク」表記と完全に違っているとは言えない所があるが、正確な表現ではないという事を今後の為に理解しておいた方が良いのではないだろうか・・。

この事がいわゆる「メモリの相性問題」だと勘違いしているユーザーがネットの掲示板を見ていても、とても多い様な気がする。?

長くなってしまったので、続きは次回に・・・汗

Dell Inspiron ACアダプターを認識しない

今回はInspiron5150で起こった不具合だが、Dell製で他のノートPCでもよく起こる不具合のようだ。
PCにACアダプタを繋いで起動してもBIOS起動後に下の画像のようなメッセージが表示され、バッテリーが充電されない症状。

ファイル 93-1.jpg ファイル 93-2.jpg

BIOS画面でもバッテリーの状態を示す画面でACアダプターが認識されずタイプが「Unknown」と表示されている。

DellのACアダプターは3Pinのモノが多く、コネクター部分の真ん中細いセンターピンがACアダプターのID情報を認識するためのラインになっている。
ACアダプターの内部にはID情報を提供する為のEPROMが組み込まれていて、起動時にPostControllerがこのチップにアクセスしてID情報を読みに行く仕様になっている。

ファイル 93-3.jpg

分解すると分かるが、一件普通のトランジスタのように見えるTO-92パッケージの部品がEPROMで、とてもメモリには見えない。
このチップはMAXIM製(旧DALLAS)DS2501という512ビットの容量タイプだが1MビットのDS2502という仕様もあるようだ。

売りは「1wire-Protocol」という1本の信号線でデータ受け渡しを行いデバイスの制御が出来る事らしいが、DELL製ACアダプターの場合これが結構仇になっているのも事実。

このアダプターの場合、信号線はEPROMに直結になっていて保護回路が入っていない為に、静電気など過電圧に弱くROMが飛んでしまう事が多いとの事。
海外ではこれがクレーム訴訟になりかけたそうだ。

今回もまさに同様の症状・原因で、互換ACアダプターに交換すると問題無く動作した。

ファイル 93-4.jpg ファイル 93-5.jpg

ちなみに、このチップはEPROMなのでROMライターで情報を書き込まなければ意味が無く、チップを交換しただけでは正常に動作しない。

間違ったACアダプターを繋いでしまうのを防ぐ手段としては、中々面白いアイデアだとは思うが・・汗
ユーザーとしては迷惑千万・・ですね。♪

dynabook B351 水濡れ 起動しない

今月は何故か多いのが、飲み物をこぼし起動しなくなり何とかして欲しいという修理案件。
今回のDynabookのメーカー修理の見積りは、M/B交換で6万だったそうだ。汗

ファイル 92-1.jpg ファイル 92-2.jpg

零したのはジュース系等?らしい。塩分が多くないのが救いになるか?
とりあえずM/Bを洗浄剤で洗い流した後十分に乾燥させる。

ファイル 92-3.jpg

キーボードは交換することになったが、無事に起動することが出来た。

飲み物や液体をPCに零した時には、とにかく直ぐにACアダプターを抜いてバッテリーを外す事が最優先。

その後に、乾燥させないようにラップで包むか密閉出来るビニールに入れ、早急に近くの修理専門業者に持ち込むことが望ましい。
間違っても「電源が入るかな?」などと思ってまた起動させようとは思わないで欲しい。

特に「塩分を含んだ飲み物や汁物」は「甘い飲み物」よりリスクが高い。
これはイオンの導電率に関係することだが、排気ガス測定機器で有名な堀場製作所のサイトを見て頂ければ、ご存じなかった方でも何となく解って頂けるはず。

カップラーメンを食べながらノートPCを操作するのは厳禁なのです。♪